把握すること

カップとオレンジ色の薬

NK細胞療法とは、癌細胞を殺す働きのあるナチュラルキラー細胞と呼ばれるNK細胞を培養して体に戻す療法です。健全者の中にも、癌細胞が生まれる事は良くある事であり、NK細胞の働きによって癌細胞の増幅を抑えている物でもあります。 心と体は、相互関係によって影響を与え合っている物であり、心が病めば、体も病になり易く、体が病めば、心も病になり易くなる物です。NK細胞療法を利用する事によって、体を元気な体に戻し、心が健康になる事によって、さらに、体を良くする関係を築き上げる事が可能になります。 NK細胞療法は、保険の適応外ですので、一回の治療で20万円ほど、これを6回行う事が一般的であり、合計200万円ほどかかります。体は資本でもあり、決して高い金額ではありません。税金に対して医療控除を申告すれば、費用を抑える事も可能です。 NK細胞療法は、自分自身の免疫細胞を利用するため拒否反応を起こす事は無く、本来持ち合わせている治癒能力を高める療法と言える物です。

がんの最先端治療の中で副作用がほとんどなく安心して受けられる治療がNK細胞療法ですが、自由診療であるため高額な医療費を支払わなければならず、更に公的保険の適用が受けられないというところにデメリットがあります。 ですが、公的保険の適用は受けられないものの医療費控除の対象になる可能性は極めて高く、また民間の保険会社の適用となる場合がほとんどです。NK細胞療法が高額だからといって治療を諦めず、専門医や健康保険、ご加入する保険会社さんとしっかり相談してみましょう。 NK細胞療法は、自分の免疫細胞を活用した治療法だから副作用がほとんどないばかりでなく、転移して見つからないほど小さい初期のがんにも有効性が認められています。そんな素晴らしいNK細胞療法、がんが見つかったら治療についてご相談されてみてはいかがでしょうか?