特徴を知る

キーボードと聴診器

もし乳がんになったら、あなたは乳房の変形や切除をどう考えますか。 乳がんの治療の際に、乳房の変形、あるいは切除など、女性にとってはただ病気の治療をする、という概念にはいりきらない治療をしなくてはならない時があります。もちろん病を治すため治療を受けるのですから、乳房の変形や切除がいかに受け入れがたくとも、それ以外の選択がない場合、それを受け入れざるえないケースも出てくるでしょう。 そういった時、知っていてほしいことは、乳房の再建は出来る、ということです。 近年では、乳がんの治療の過程の一部として、乳房の再建を考えている病院も多くなってきました。 その方法や再建へのアプローチの仕方は様々あるので、ぜひあきらめずに検討してみてください。 乳がんの治療の一部としての乳房再建は今後ますます重要になってきます。

女性に発生しやすいがんである乳がんは、発見した際にがん細胞が大きかった場合、がんが発生している方の乳房を大きく取り除かなければいけない場合があります。 乳房を切り取ってしまった場合には、左右の胸の大きさが異なってしまうため、水着やドレスなどの身体の線が出やすい服を着にくくなってしまいます。 乳がんの術後には、再建手術で胸の大きさを均等にすることが可能であり、主にシリコンインプラント法か皮弁法のどちらかの再建手術が行われます。 シリコンインプラント法は、人口物質であるシリコンを胸に入れる乳がんの再建手術方法であり、体にあまり傷を付けずに手術を行うことが出来ます。 皮弁法は、自身の組織を移植する乳がんの再建手術法であり、腹部か背中付近の組織を主に使用します。