がんを撃退する

診察室とベッド

樹状細胞療法については、現在様々な研究者が独自の研究を進めています。樹状細胞療法の専門的な研究を支援する民間企業や団体も登場しており、昨今期待が持たれている治療なのです。樹状細胞療法では、体内から取り出した樹状細胞にがん細胞の特徴を教え込み、体内に戻します。こうすることで、樹状細胞がリンパ球にがんの情報を伝え、より効率良くがん細胞を攻撃出来るようになる訳です。この樹状細胞療法はアメリカではすでに治療として認められており、前立腺がんや脳腫瘍の治療などに広く活用されています。日本では、樹状細胞療法は未だ試験段階と言えますが、徐々に知られ始めており、他の免疫療法と共に治療に取り入れる医療機関も登場しているのです。

樹状細胞療法を始めとするがんの治療においては、自分のがん組織からがん細胞を入手するということが治療の大きな要となります。手術や組織検査など様々な方法で入手したがん細胞があれば、がんについての詳しい情報を得ることが出来るため、対策もそれに応じて立てやすくなるのです。ですが、手術が不可能な場合などにはこうしたがんの細胞が入手出来ないこともあります。そうした場合に、この樹状細胞療法では人工的に作り上げた抗原を利用して治療に生かすことが出来るのです。多くのがんに共通する抗原を樹状細胞に覚え込ませることで、自分のがん細胞がなくても一定の効果が得られるとして大きな期待が持たれています。工夫次第であらゆるケースに対応していけるのが、現在の免疫治療なのです。