脳について知る

病院の病室

脳腫瘍(Brain tumor)は、脳の疾病のひとつです。脳腫瘍は脳細胞だけでなく、硬膜、クモ膜、頭蓋内の血管、末梢神経頭などの蓋内組織に発生します。 脳腫瘍が発生する原因は明らかにされていません。しかし、食生活などの生活習慣が整っていない人などに多くみられています。 脳腫瘍の発生頻度は、毎年約10万人に10人程度と言われています。発生頻度の高いものは、髄膜腫(27%)、神経膠腫(グリオーマ、25%)、下垂体腺腫(18%)、神経鞘腫(11%)です。他臓器から転移する場合もあるので、注意が必要です。脳腫瘍は、乳幼児から高齢者まで、さまざまな人が発症しています。男性が女性よりも発症する確率が少しだけ多く、高齢になるほど多くなっていきます。

脳腫瘍の症状は、大きく分けると頭蓋内圧亢進(とうがいないあつこうしん)症状、巣症状、けいれん発作の3種類に分類することができます。 頭蓋内圧亢進は、脳腫瘍の塊によって頭蓋内が窮屈になることで生じる症状です。脳は頭蓋骨で覆われているため、脳腫瘍ができた際に生じる脳内の圧力の逃げ道がありません。そのため、脳内の内圧が高まってしまい、頭痛、吐き気、嘔吐などを生じてしまいます。また、脳腫瘍が発症する部位によっては、局所症状として視野欠損や難聴、運動麻痺、言語障害などを生じてしまう場合もあります。 巣症状は、腫瘍周囲の脳組織や神経などを傷害することで生じる症状です。麻痺、失語、視野障害などを生じる場合があります。