病気を知る

時間別と薬

がんは日本人の死因の上位に入っている疾患であり、早期に発見をして治療を開始することが重要なこととなってくるのです。 肺がんは喫煙が原因となっていることが多く、自分が喫煙をしていないとしても、周りに喫煙者がいることによって、罹患をする可能性が高い疾患です。 肺がんの治療方法も今は様々なものがあり、進行の具合によっても変わってくるのです。 外科的手術で肺がんに罹患をしている部分を切除する治療法も有効的ですが、転移をしているような場合には、放射線や抗がん剤を使って肺がんを小さくし、小さくなったところで原発部分を切除する治療法もあります。 抗がん剤も今は昔に比べると副作用を抑えることが出来るものが増加をしています。

肺がんはその名の通り、肺にがんができる病気のことを指します。肺がんは肺にある気管や気管支、肺胞というところの一部の細胞組織ががん化することによっておこります。 肺がんの治療は大きく分けて外科療法・放射線療法・薬物療法の3種類の方法があります。それぞれの治療にはリスクがあり、治療中や治療後などに副作用がおこることもあります。 自分が行う予定の治療の副作用にはどんなものがあるのかを知ることで、事前に副作用の症状の予防をすることが可能なものもあるので、治療を始める前に病院からしっかりと情報を仕入れておくことも必要です。また、副作用の種類を知っていることで、治療によって起こる症状が出ても悲観的にならず、心のケアにもつながります。 何よりも、肺がんを早期発見し、早くに治療を開始することが肺がん完治への近道です。痰が多く出る、咳が続く、咳をしたら血のようなものが出るなどの症状があれば、医療機関の受診をすることが望ましいです。